2006年08月14日

8月15日

souko.jpeg

終戦記念日‥
「生き残った方が残酷なこともあるよ」
師匠がぽつんとおっしゃいました。

2日後の8月17日に出撃する予定だった師匠は先に飛び立つ友と
「先にいく」「後からすぐ行く」と言葉をかわしたそうです。
終戦の日からしばらくは、生きてしまった‥という思いが強く
どうやって死のうかという事ばかり考えていたのです。
実際、切腹や首吊りをした朋友も少なくないようです。

師匠の片方の耳は聞こえません。
空襲の時に聴覚を失ったのです。
目の前で小さな女の子やおばあさんが飛ばされ、
町から野犬や野良猫、さらにネズミまでが姿を消し、
人々はベルトも煮て食べたそうです。

戦後の混乱期を過ぎ、皆が貧しい時代に「茶」を志し、
やがて師匠の手には「花」が残ったのです。

「一人の人が花を見てきれいだ、と思い、家庭に飾り家族の心を癒し、職場に飾り同僚が癒され、やがて日本、世界中が花を飾って「きれいだなあ」と皆が優しい気持ちになれば、平和になるんじゃないかと思った」

「今でも戦争中の夢にうなされる事がありますよ」
とおだやかに話す師匠の平和への思い‥

停戦を前にして、さらに激しい攻撃を続ける意味はどこにあるのでしょうか
どうして壊しあわなければならないのでしょうか
放っておいても命はいつかなくなるし、割れない硝子なんてないのに‥

師匠はにっこりとし、おっしゃいました。
「孫(私の事をこう呼びます)に合う為に今まで生きてきたんですね」




posted by 双旬 at 10:21| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

hasu.JPG


今年の夏のセミナーは<蓮と睡蓮>の活け方。
写真は師匠の手によるものです。
セミナーは受講せず、お手伝い。受講した生徒さんは皆すごくきれいに活けていました。

歴史、伝統、師から弟子に伝えられるもの

陸に揚げた蓮の命の儚さ 
100年の昔にも見つめていた人いたのでしょうね

命有るものを自然から切り取ってまで活ける意味は
ここにもあるのかもしれない

蓮が紡ぐ時間‥
「私と時」の二つを一つにした花

未来にも咲いているといいなと思う

posted by 双旬 at 23:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

鬼灯

akari01.JPG

ナス科の植物
盂蘭盆(うらぼん)の頃に熟す

3年前のほおづきをその1年後に加工
不思議だけど中の実は生のままだった
お気に入りのかごにからめて・・
もう、壊れてきたなあ

<酸漿>とも書くようですが読めませんよね
posted by 双旬 at 09:42| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。